モデナfc

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

お問い合わせ お知らせ アクセス English (function () { var cx = '010240413222919086568:ccfm2b071ey'; var gcse = document.createElement('script'); gcse.type = 'text/Javascript'; gcse.async = true; gcse.src = 'https://cse.google.com/cse.js?cx=' + cx; var s = document.getElementsByTagName('script')[0]; s.parentNode.insertBefore(gcse, s); })(); --> 古典に親しむ 電子展示室国文研千年の旅立川の研究者たち古典に学ぶくずし字を読む古典籍画像を使う古典籍で遊ぼう!でじたる展示を観る 本・資料を探す 図書館 電子資料館 学術情報リポジトリ オープンデータセット 所蔵資料紹介 催し物 展示特設コーナー講演会講習会等研究集会 プロジェクト データ駆動による課題解決型人文学の創成プロジェクト 異分野融合による総合書物学の拡張的研究 ないじぇる芸術共創ラボ マレガ・プロジェクト 国文研の活動 研究活動 調査収集 国際事業 ぷらっとこくぶんけん 国文研について 館長あいさつ 国文学研究資料館概要 国文学研究資料館ダイバーシティ宣言 研究者一覧 国文研の取り組み 情報公開 出版物 賛助会 日本古典文学学術賞 アクセス お問い合わせ 採用情報 大学院教育 日本文学研究コースのご案内 入学案内 授業・時間割 学生支援 学位取得 特別共同利用研究員 大学支援「国文研でゼミを」 トップ 古典に親しむ 国文研千年の旅 『伊曽保物語』 古典に親しむ 電子展示室 国文研千年の旅 立川の研究者たち 古典に学ぶ くずし字を読む 古典籍画像を使う 古典籍で遊ぼう! でじたる展示を観る 「国文研 千年の旅」読売新聞多摩版 連載より 2022/3/17 『伊曽保物語』 (いそほものがたり)  イソップ寓話(ぐうわ)は、紀元前6世紀頃の古代ギリシャで活動したイソップ(Aesop)という人によって語られたとされる寓話である。ヨーロッパを中心に普及していたイソップ寓話が、寓話集の形で日本に初めて伝わったのは、16世紀後半のことである。織田信長と豊臣秀吉が政権を握り、天下統一を推し進めていたその頃、ヨーロッパでは宗教改革に対抗して創設されたイエズス会が海外布教を目指して世界中に宣教師たちを派遣していった。その時来日した宣教師によって欧文イソップ寓話集が伝来したと考えられている。その欧文イソップ寓話集を底本にした日本語訳本の中で、260年余りの江戸時代を通じて日本人に最も読まれたものが、ここに紹介する『伊曽保物語』である(書名の「伊曽保」はイソップに漢字を当てた表記)。  『伊曽保物語』は寛永元年(1624)頃に出された初刊本をはじめ9種類の古活字版と、絵入り整版本の現存が確認されている。その中で当館が所蔵しているのは、古活字版無刊記第5種本(3巻3冊)と絵入り整版本(中巻のみ)であり、掲載図は前者の上巻目録と本文首丁(最初のページ)である。  『伊曽保物語』は上中下の3巻構成で、上巻に20話、中巻に40話、下巻に34話を収録し、合計94編を収めている。ただし、内容によっては上巻から中巻第9話までのイソップの伝記物語部と、中巻第10話から下巻までの寓話部に分けることができる。イソップの伝記物語部は、イソップの一代記という体裁を取り、イソップの智恵・利発を中心に描いた頓智(とんち)話29編からなっている。それに対し寓話部は、イソップが語ったとされる寓話65編を収めている。現代人にもなじみ深い、金の卵を産むガチョウの話や、田舎のネズミと町のネズミの話などがここに含まれている。周知のようにおのおのの寓話は、主に動物を主人公とした短い物語を記し、その結びに教訓的言辞を添えるという構造を持っている。  『伊曽保物語』が江戸時代に広く迎えられたものであることは、前述のように古活字版で9回も版を重ね、また増刷の比較的容易な整版の出版が求められたという事実によって証されるが、仮名草子をはじめ後代の文芸作品の中に、同書由来の寓話が多用されていることも言い添えておかねばならない。 (機関研究員 李 澤珍(イ テクジン))  読売新聞多摩版2022年2月16日掲載記事より この記事をシェアする 前の記事 『保字金引替群衆絵図面』 次の記事 『古事記歌』 2024/4/23古歌の心 江戸期に再び(多摩の横山 下)(たまのよこやま)  京王相模原線若葉台駅にほど近い丘の… 2024/4/23多摩の横山 上(たまのよこやま)  赤駒を山野(やまの)にはがし捕(と… 2024/3/18定家卿書式 三藐院殿臨書(ていかきょうしょしき さんみゃくいんどのりんしょ) 「を… ページトップ 古典に親しむ 電子展示室 国文研千年の旅 立川の研究者たち 古典に学ぶ くずし字を読む 古典籍画像を使う 古典籍で遊ぼう! でじたる展示を観る 本・資料を探す 図書館 電子資料館 学術情報リポジトリ オープンデータセット 所蔵資料紹介 催し物 展示特設コーナー講演会講習会等研究集会 プロジェクト データ駆動による課題解決型人文学の創成 ないじぇる芸術共創ラボ マレガ・プロジェクト 異分野融合による総合書物学の拡張的研究 国文研の活動 研究活動 調査収集 国際事業 ぷらっとこくぶんけん 国文研について 館長あいさつ 国文学研究資料館概要 国文学研究資料館ダイバーシティ宣言 研究者一覧 国文研の取り組み 情報公開 出版物 賛助会 日本古典文学学術賞 アクセス お問い合わせ 採用情報 大学院教育 日本文学研究専攻のご案内 入学案内 授業・時間割 学生支援 学位取得 特別共同利用研究員 大学支援「国文研でゼミを」 当サイトについて(サイトポリシー) 更新情報 関連リンク集 館内専用 About 国文学研究資料館〒190-0014 東京都立川市緑町10-3(Google Map)電話:050-5533-2900 (IP電話 代表) Copyright © National Institute of Japanese Literature All Rights Reserved.

betとは ビッグバスボナンザ betとは ワールドカップバレーアルジェリア
Copyright ©モデナfc The Paper All rights reserved.